生活と精神障害|鬱の診断を受けたなら迅速な対応が望まれる|再発の気を付け
女の人

鬱の診断を受けたなら迅速な対応が望まれる|再発の気を付け

生活と精神障害

女性の医師

清潔や安全の考え

強迫性障害は、精神的障害の中でも比較的身近なものと言えます。軽症の場合にはパニックに陥るといったことも少ないため、一見病気に見えないのが特徴です。全国の精神科や心療内科ではこういった強迫性障害の治療を行なっており、現在では患者支援のサポートサイトも登場しています。強迫性障害はうつ病などの病気と比較すると注目度が低く、時に症状や病気の傾向に誤解があることが問題です。所謂潔癖症や不安恐怖症などもこの強迫性障害に分類されます。実際、潔癖症は強迫性障害の中でも特に多いと言えます。程度の差こそあれ老若男女に発症しており、知名度も高い障害です。潔癖症は清潔に異常にこだわるのが特徴で、公共施設の物品に対しても触れるのに抵抗感を感じます。トイレや洗面所といった密着度の高い場所では、特に潔癖傾向が大きくなるのが常です。不特定多数の人が使うエレベーターのボタンやつり革、ドアノブといったものに対しても嫌悪感を抱くケースが多く見られます。こういった強迫性障害の治療では、敢えて原因に近づく方法がとられることがあります。潔癖症の方であれば公共施設のトイレや洗面所などを利用してみることも、症状改善への一歩です。実際、医療機関でもこういった方法を試みており、治療の一つのアプローチ法となっています。不安が強い場合は、抗不安薬などを併用しながら治療を進めるのが一般的です。重症の方の場合には、自己判断でこの手の方法を試みるとパニック状態を招くことがあるため慎重に行なうのがベストなります。

周囲の理解

潔癖症などの強迫性障害は、これまで社会の理解が得られにくいという問題がありました。神経質な性格から生じる障害と捉えられる傾向があり、重症なケースを除いては特に治療が行なわれないこともしばしばだったと言えます。昨今では有名芸能人が自らこういった強迫性障害を持っていることをカミングアウトする事例が増え、強迫性障害という病気に対するイメージも少しずつ変わってきている状況です。原因に接していない時に特に異常が見られないのが強迫性障害の特徴であり、精神疾患としての偏見も少なくなってきていると考えられます。強迫性障害は軽度であっても、未治療のままだと少なからず社会生活に影響を与えることがあります。特に潔癖症は、異性関係が時に問題となるテーマです。障害の度合いによっては異性との交流にも何らかの抵抗を感じるケースが少なくなく、関係を続けていく上でも様々な支障が現れやすくなります。肉体的な接触を避ける場合には、恋愛や結婚を考える上でも大きな障害です。こういった厄介な傾向がある強迫性障害は、今後は特に周囲の理解が求められます。物の扱い方や接触の仕方に関しても、一定の理解を持って見守る姿勢がこれからは必要です。精神科や心療内科の力を借りながら、社会生活と折り合いをつけていくことが大きな課題と考えられます。強迫性障害への偏見や無理解は、本人の症状を悪化させてしまうことにも繋がるため、注意が必要です。マスコミにおいても、以後は一層話題の精神障害になると予想されます。